激走!LA女子ツーリング③

グレンデールのハーレーダビッドソンでバイクを借りた私たち、いよいよ街中へ飛び出します。滞在二日目後編です~

レンタル手続きオッケー、乗り出しの練習もオッケー、身支度もオッケーという頃には時間もすっかり11時近くとなってしまいました。kieさんのインディアンをまず給油させてそこからどこへ行きましょうか・・・。

東京は原宿にあるモーターサイクルとサーフィンをテーマにしたカフェ、「Deus ex Machina(デウス エクス マキナ)」のLA店があるというのでそこに向かいランチにしようということになりました。グレンデールから走ること約1時間、慣れない右側通行ながらもkieさんが先導してくれて少しずつ交通ルールもわかりかけてきました。海外での運転経験がある方でしたらご存じかもしれませんが、右側通行の右折の場合信号が赤でも車が左から来ていなければ行ってヨシ、なのです。東名高速用賀インターで信号と関係なく左折してヨシと勝手に思い込んで白バイに切符を切られた私からしてみれば日本もこれくらい寛容でもいいじゃん!て思える交通ルールですね、さすがアメリカ。

ベニースにあるDeus ex Machina(デウス エクス マキナ)

2017-02-02-12-03-45-1

アパレルコーナーとカフェがあり、原宿のせま~いショップに比べたら広々としています。LAは日本のような雨がそんなに降らないのでテラス席も広々としています。そしてどこのお店でもそうですがほとんどがFree wi-fiなのでみんなパソコンを持ち込んでコーヒー飲みながらお仕事していたりします。この辺もまだ日本は遅れているなーと感じているところ。早くほとんどのお店でFree wi-fiが使えるようになってほしいですね!

そしてなによりDeusのLA店、スタッフがみんなイケメン!なんだかイケメンチェックばかりしてるみたいに思われるかもしれませんがホントにみんなイケメンなの!

2017-02-02-12-03-02

まるで水着審査とかあるんじゃないかと思わんばかりのイケメン揃いで自然と私たちも長居してしまうのでした(笑)ここのカフェで軽くランチをとることにして、私とkieさんはパニーニとアイスコーヒーを。この日はまぁまぁ暖かくてアイスコーヒーでちょうどいいくらい。トモミさんはスープとパンとコーヒーを注文しました。パニーニができあがり食べ始めたのですが、トモミさんのスープがなかなか来ない・・・そんなに難しいメニューでもないんだけどな・・・。野菜切ってブロードとるところからやってるのかな、そんなに大げさなキッチンでもないんだけどな・・・おしゃべりに夢中になってるうちに20分くらいたってしまいいい加減遅すぎだろ!とスタッフに言いに行ったところ完全に忘れていた様子。「あぁ、そういえばオーダー受けたっけな・・」くらいの感じで悪びれもせず妙なパスタの入ったスープを用意したのでありました。日本の飲食店だったら平謝りでなにかサービス付けたりするのになー、とか思いながらもここはアメリカ。ミスの際の反省などは必要ないようです。

しばらくここで休憩しながらせっかくなのでVENICEのネームが入ったTシャツとトレーナーを購入。運良く50%offセール中だったのでみんなであれこれお買い物を。どこの国行ってもセールはテンション上がっちゃうよね!だって女子だもの!

長々と休憩しすぎて走る時間が短くなりそうなので、隣のタイレストランのおばちゃんに記念撮影を頼んで次のポイントへ向かいました。

2017-02-02-23-22-04

ベニースからサンタモニカを抜けて海岸沿いを走りマルホランドを通過してマリブビーチの先へ!走りながらヘルメットの中では「おお!ココがデヴィッドリンチのマルホランドか!」とか「おお!ココがハノイロックスの魅惑のマリブビーチか!」などどブツブツ言いながら走っていたわけです。誰にも聞こえてないけど。海岸線はなんとなく見たことあるような景色。由比ヶ浜あたりから江ノ島くらいにかけての風景によく似ています。ただし道路がメチャ広ですけれども。なんとなく懐かしいな~と感じながら走っていましたが、真ん中を走っていたトモミさんが信号で出遅れました。あれ?と思いながら少し進んで次の信号まで行ってもトモミさんがついて来ていなかったのでkieさんに少し待ってもらうように合図して道路脇で停車して待っていました。日本のように短い距離で信号があるわけではないので停めるチャンスも先になってしまうわけです。

しばらくしてトモミさんが到着、どうやらバイクの様子がおかしいようです。どーしたどーしたと聞いてみたら、シフトペダルのボルトが外れたらしくシフトチェンジができなくなったと・・・ひぃ~!もしかしたらナットが飛んで緩んだのかも、どこかのパーツが壊れて飛んで行っちゃったのかも・・・と不安になりましたが工具も持ち合わせていないのでとりあえず目的地まであと少しなので手で締めてなんとか到着できるように気をつけて行こうとなりました。

2017-02-02-16-48-24

neptune’s NET

ここはバイクとサーフィンのメッカで休日のイベントにもなるとバイクが300台も400台も集まるシーフードカフェです。平日だったのでバイクは少なかったですが、サーフィンしに来てる車は縦列駐車ギッシリでした!

駐車場にアメリカンバイク乗りのおじさんがいたので工具を借りられるか聞いて見たところ「僕のバイクはYAMAHAなんだよね~」ガクっ。そう、ハーレーはインチ、日本製はミリなんでした・・・。でもおじさん、モンキーレンチを持っていたのでトモミさんの緩んだシフトペダルをキュっと締めてくれました。つーか、どーなのよリチャード!整備点検とかしてないの!?ひとまず安心したところでコーヒーでも飲もうかと中へ入りました。

日が陰ると一気に寒くなって指先も冷えてきたのでここではホットコーヒーを。レギュラーサイズを注文しましたが日本でのラージサイズくらいある。土地がデカけりゃコーヒーのサイズもデカいなー。

2017-02-02-15-49-54-hdr

しばし休憩して帰る前にトイレに行ってこようと思ったら・・・先に入ったトモミさん情報によるとなかなかのヤバさだぞ・・・と。戦々恐々とトイレに向かったら4つあるすべてが簡易トイレ!しかも超絶汚い!スタッフのトイレチェック表なんてご丁寧に貼ってあるけど、どこをチェックしたわけ!?目視で確認だけか!?ここはフジロックか!?(フジロックのほうがまだキレイ)しかも和スタイルがあるわけもなくこのヤバさで洋スタイル・・・大腿筋、腹筋、括約筋を駆使して空中イスを決めながらなんとか用を済ませました。日本のトイレはやっぱり世界一だな・・・と思い知らされました。

日暮れになる前に戻りましょう、ということで帰りは給油をしてからノンストップでキャニオンを下って帰ることにしました。はい、私とトモミさんにとっては初めての給油です!アメリカのスタンドはどこもセルフスタンドで、デビットカードかクレジットカードで決済をします。あいにく停まったスタンドはデビットカードしか使えず、私たちはアメリカ国内の銀行口座を持っていなかったのでkieさんに立て替えてもらうことに。あとはレギュラーを選んで日本と同じやりかたです。私の借りたスポスタ48はタンクが小さいので70マイル(112km)ほど走ると給油ランプが点いてしまいます。うーん・・・こんなんで遠距離ツーリング行けるのかな・・・。日本の距離感と明らかに違うことに改めて気づかされた初日でした。

ハイウェイ(ハイウェイ→日本での信号がほとんどない一般道、フリーウェイ→お金のかからない高速道路)から山道へ入りキャニオンを下って周りが薄暗くなって来た頃、「なんか暗いな・・・」と感じ始めました。シールドがライトスモークだからかな、アンバーに変えてくればよかったかな。などと思いながら必死でついて行き、完全に日没になり真っ暗になった頃kieさんが停まりました。「まるこちゃんのバイクライト点いてないよねー」え!?暗いな、おかしいなとは思ってたけどやっぱり点いてないの!?借りたとき点検しなかったっけ!?ヘイ!リチャード~!!!!!ハイビームに切り替えたところ、どうやらハイビームは点く様子。完全にロービームだけ球切れしていました。それでも暗いよりかはマシ、とハイビームを点けて帰ることに。帰宅ラッシュに紛れながら2時間40分かけて宿に到着。無事に帰ってくることができました(笑)

kieさんを見送ったあと、私とトモミさんは宿の隣の前日にお茶をしたレストランで夕飯を取ることにしました。

2017-02-02-23-19-42

アメリカで作ってるベルギー(風)ビール「BLUE MOON」本場ベルギーよりも飲みやすくてオレンジのフレーバーで美味しい☆

2017-02-02-20-06-40

やっぱりアメリカ来たら肉食べたいよね!ということで、本日のディナーはステーキとサラダ(パンはお通し的に付いてきます)量が多いからこれを二人でシェア。ツーリング一日目の成功でテンションがあがり、一本また一本とビールが進み調子に乗ってチリポテトまで注文したはいいが・・・やはり食べ切れず。満腹になった私たちは宿へ戻って本日終了☆

翌日は深夜から雨予報なのでゆっくり休んで疲れを取ることにしました。明日はどこに行こうかな(ノープラン)おやすみなさーい!

 

 

 

 

 

広告

激走!LA女子ツーリング②

おまたせいたしました!へっぽこライダーのLA女子ツーリング、二日目のお話です♪

東京とロスとの時差は17時間、しかもマイナス17時間なので2/1の18時の飛行機に乗った私たちはロスの空港に到着したときには時間がさかのぼり2/1の13時にタイムスリップしたかのような現象になります。

ですので、さぁ明日に備えて今日は寝ましょうか。という時刻には日本での時間は夕方くらいの時間なわけです。よく海外へ行った方の話を聞くと「時差ぼけがひどくて~」みたいな話をよく聞きますよね。同行のトモミさんも時差のせいかなかなか寝付けない様子です。もちろんデリケートなわたくしも初めてのアメリカ大陸上陸とあってコーフンして寝付けないな・・・・グゥ。はい、ものの見事に撃沈いたしました。ベッドがあればのび太くん並の寝付きなんですよ、健康優良児。

夜中に目覚めることもなくスッキリ7時に目覚めた私たち(トモミさんは若干ツラそうw)は夕べの残りのハムとチーズをベーグルに乗せて軽くお腹に入れ、9時のお迎えを待っていました。この日はkieさんもバイクに乗ってくるため、私たちを車で迎えに来てくれたのはkieさんのご長男ケンタロウくんです。

2017-02-02-23-22-27

イケメン!ケンくんイケメン!おばさんたちはもうキャアキャアしちゃいますよ!トモミさんに至っては私とケンタロウくんと3人で撮った写真の私の部分だけカットして「私たちカップルみたい~!」って・・・ヒドい(笑)

kieさんは年齢不詳に見えるけど4人のお子さんがいて、しかもお孫さんが一人・・・・アメイジング!小柄だけどスレンダーでとても4人も産み育てたとは思えない体型~!

ケンタロウくんと別れていよいよ予約していたレンタルバイクの受付です。

ハーレーダビッドソン正規ディーラー・レンタル

ハーレーダヴィッドソンの販売とレンタル、アパレルやグッズなども揃う正規ショップです。販売とレンタルとで担当窓口が違うので私たちはレンタル部で受付をします。スタッフはみんな絵に描いたようなアウトローな雰囲気で派手なロンT着てるねーちゃんだなーと思ったら10分ぎっしりのタトゥーだったりとか(笑)こちらではタトゥーは当たり前に入ってます。でも対応もよくとても親切!人は見かけじゃないねぇ~!

2017-02-02-09-57-15

普段はインディアンに乗るkieさんですが、ハーレーにまたがる姿ももよくお似合い!かっこいい!ここに並んでいるバイクは全てレンタバイクです。

今回私がレンタルしたバイクはSPORTSSTAR48(XL1200)です。

2017-02-05-15-34-18-hdr

普段250ccのベスパしか乗っていないのであまりに大きいバイクは怖いな、と思い足つきもよくスタイルもクールなスポーツスターに決めました。長距離ツーリングにはなかなかしんどいことになるとはこのとき夢にも思わず借りたワケですが・・・その話はまた後で記述します。

レンタル料はスポーツスターで一日65ドル、日本円で約7500円ほど。保険や税金が加算されて4日間借りて330ドル(約¥37950)となります。安い!日本のレンタルバイクに比べて安いですよね!そして、万が一どこか壊したりとかの保証金として2000ドルを預けます。もちろんなにも起こらなければまるまる却って来ますし、修理などの必要が生じた場合はここから必要な分だけ引き落とされます。

2017-02-13-13-20-11

ここで一つ注意していただきたいのがクレジットカード。海外旅行に慣れている方ならおわかりかもしれませんが、日本ではよくJCBを利用している方、ほとんど使えませんのでご注意を。海外旅行に行かれるならVISAかmasterをご用意くださいね。アメリカでは現金を大量に持って歩くのは危険なので買い物はほとんどクレジットです。ガム一個でもチョコレート一枚でもいやな顔はされません。チップなどもレストランなんかではクレジットで付けることができるので現金はホント1万円も使わないかな、という印象です。

さて、本題に戻します。

久しぶりのシフトチェンジのバイク、しかも日本での免許は中型までという私には初の大型バイクです。リチャードから鍵を渡されて「enjoy!」と激励を受けてまたがってみましたが・・・ヤバイ、私乗れるのかコレ・・・と一気に不安になりました。いきなりスロットル開けちゃって「ブォン!」って行っちゃったらどうしよう・・・。

ここで免許についてお話しますと、アメリカには中型と大型の免許の区別がありません。ですのでお住まいの地域の運転免許センターで国際免許の申請(手数料¥2400ほど)をするともれなく大型バイクまで乗れるのです。もし、普段遠出のツーリングに行かなくて年一回とかでしたらわざわざ大型免許を取らなくても海外で乗れるのでそれもアリかなーと思いました。

ツーリングに出かける前にまずは練習してみようとハーレーのショップと整備工場の間の車通りが少ない直線道路を行ったり来たりして慣れることにしました(笑)

2017-02-02-23-18-14

初めて乗るアメリカンバイク、ステップが前にあるため少し戸惑います(汗)

トモミさんのバイクはストリート750、こちらは比較的ステップが真下にあるので普段DUCATIスクランブラーに乗るトモミさんはそんなに違和感はなさそう。

2017-02-13-13-54-34

トモミさんも少し練習していよいよ出発です!

2017-02-02-10-49-25

左:トモミさんの借りたストリート750

中:kieさんのインディアンスカウト

右:私が借りたスポーツスター48

 

この日は初めてアメリカの道路を走るのでフリーウェイには乗らず下道でベニース、サンタモニカを経由してマリブビーチの先まで向かいます!

 

つづく・・・。

 

 

 

激走!LA女子ツーリング①

今更ながらですが・・・・みなさま新年明けましておめでとうございます(笑)

年末年始の営業を経てまるこ元店長は引退、無事に湯河原にてイタリアワインのバー「よるのあじと」をオープンさせました。が!その後インフルエンザに罹り1週間寝込むという体たらく!うんうん寝込んでいる間にあっという間に2月へ突入、お正月休みという流れになってしまいました(笑)

1週間の休暇を取って向かった先はU.S.Aはロサンゼルス!事の発端はインスタグラムでお友達になったLA在住ライダーのkieさんの投稿を見て「あ~、ロサンゼルスいいなぁ~。バイク気持ち良さそう~」と思ってて「遊びに行きたい!」とコメントをしましたところkieさんが「おいでよ!」というのでマジで行くことにしました。ダムカフェの常連女性ライダーさんのトモミさんも「行きたい!」というので社交辞令の通じない私たちはチケットをとってLAでツーリングに行くことに決めたのです。

ツーリングというからにはバイクが必要、その前にどこに泊まってどこでバイクを借りるのかが課題となりました。夜遊びしても襲われる心配のない日本に住んでる私たちにとって治安のよさは必須条件です。

そこで滞在先に選んだのがグランデールという場所のモーテルを予約しました。このモーテルの前には大きいショッピングモールがたくさんあって、近辺なら割と夜に外出しても安全だとのこと。モーテルも1部屋90ドル(アメリカは部屋単位の金額2ベッドなので一人45ドル)となかなかのお手頃価格なのでここに決めました。

ロサンゼルス グレンデール

少し車で走るとハリウッド・ビバリーヒルズ・ドジャーススタジアム・ユニバーサルスタジオなどがあり、観光地としては最高のロケーション。ですが、全く興味がないのでグレンデールのハーレーダビッドソンでバイクを4日間レンタルすることにしました。

ハーレーダビッドソン正規ディーラー・レンタル

ちょっと待って、英語でレンタル予約するの難しそう~、って思うでしょ?大丈夫、日本でレンタカー借りるのと同じように予約入力フォームに必要事項を入力して送信すればOK!ただし、借りる日にちや時間を間違えて入力すると少し面倒です。間違いに気がついてすぐにメールを送っても返信なし・・・。心配になってロスに住むkieさんに連絡を取ってもらってやっと訂正、と思いきや直前に送られてきた予約確認メールでは訂正されてない(笑)んも~!日本ではあり得ないよ~!と苦笑いしつつまたもkieさんに電話してもらってやっと訂正されました。いい加減だなぁ・・・。

レンタル担当のリチャード、しっかりして!

2017-02-02-10-20-49-hdr

「は~い、まるこスポスタ48ね、オッケーオッケー。」

実は出発2日前にモーテルの予約もうまく行かなくて慌てて予約を取り直す事態も起きて先行き不安の旅行となりそうでした(笑)

そんなこんなのバタバタした準備を経ていよいよ成田空港からロサンゼルス国際空港へ飛び立ちました!

2017-02-01-11-40-46

10時間ちょっとのフライト、機内食食べたり映画を見たりしているうちにあっという間にロサンゼルスに到着です!無事に到着したのはいいのですが、入国審査待ちが長蛇の列・・・グループや団体旅行は割と別の場所で通されやすいのですが私たちのような個人旅行はひたすら順番を待つばかり・・・。911のテロ以降、入国も厳重になって顔写真を撮られたり指紋を採られたりとだいぶ時間を取られて飛行機を降りてから1時間以上かけてやっと入国することができました。はぁ。

到着ロビーびはkieさんが待っていてくれたのですが、飛行機が到着してもなかなか出てこない私たちに不安を感じていたようです。「まさかこの便に乗っていないとか・・・」「日にち間違えたんじゃないだろうか・・・」すみません(汗)ご心配おかけしました!初めましての私たち、どうにかこうにか対面を果たす事ができました!

空港から1時間ほどのグレンデールのモーテルに向かう途中フリーウェイを通って行くのですが、噂に聞いていたとおりやたらいろんなものが落ちている・・・。バーストしたタイヤの切れっ端や外れたバンパー、話に聞くと簡易トイレが落ちていたこともあったとか。そんな道路をバイクで走るなんて不安しかないでしょ!ひえ~!ロスの道路事情をフンフンと聞いて景色を眺めている間に宿に到着。チェックイン可能の時間を回っていたのでとりあえずチェックインをして隣のレストランでお茶することにしました。

2017-02-01-15-03-08

まずドリンクのデカさにアメリカを感じ、つまみに頼んだナチョのデカさにアメリカを感じ、おしゃべりに花を咲かせました。私たち全員40代で辛酸なめ尽くした人生をそれぞれに語り意気投合(笑)この日は疲れたのでスーパーでビールとつまみを買って終了。

さぁ、明日からは思う存分ツーリングを楽しむぞ!

 

 

つづく・・・。

 

年末年始営業のお知らせです

2016年も残すところあと少しとなりました。

今年は12月も終わろうかという時期に暖かいので年が明けるの忘れてしまいそうですね。それでも新年はくーるー。きっとくる~。

と、いうわけで年末年始営業のお知らせです、いってみよ!

2016/12/29(木) 9:30-16:00

30(金) 8:30-16:30

31(土) 8:30-16:30

2017/1/1(日) 4:30-16:30

2(月) 8:30-16:30

3(火) 8:30-16:30

4(水) 8:30-16:30

1/5(木)より通常営業となります。

 

今年も元旦は朝4:30から営業します!

毎年恒例のお正月スペシャルメニューは「蟹磯汁&スパムむすび」数量限定での販売になりますので日の出イベントに参加のお客様はぜひ~!

 *画像はイメージです。

今年も一年ダムトラックスカフェをご利用いただきありがとうございました。

来年もみなさまが無事故でご来店いただけることを心からお待ちしております♪

新しい時代が始まります

今年も残すところわずかひと月ちょっととなりました、一年て早い〜!がこのところの流行語となっております。

来年の話をすると鬼が笑うとは言いますが、来年の抱負を持たねば前には進めぬ商売ですのでいろいろ悩んだ末決断をいたしました。

2016年12月31日をもってまるこ店長は引退いたします!

エイプリルフールにはまだ早いよね〜(о´∀`о)と背中をバチーンと叩かれそうですが本気です。本気と書いてマジ!です。

そして、2017年1月1日、元旦よりトトっちさんこと、伊藤が店長を務めることになりました。4年ものブランクがあるものの、華麗にカムバックしてくれた伊藤店長が来年からダムトラックスカフェを切り盛りしてくれることと思います。まだまだ店長としては未熟者ではありますが、まるこ店長同様どうぞ可愛がってやってくださいませ。

気になる今後のまるこ(元)店長ですが、「辞めちゃうの?」と心配された全国一千万まるこファンのみなさま、ご安心ください。今後はダムトラックスカフェの運営をサポートしつつ、バイカーさんが乗りたくなっちゃうようなお天気のときにはフツーにお店に出ていることと思いますので[晴れ!バイク!大観山!]と覚えておいてくださいませ♪
そして、新たに…

1月後半より湯河原にて夜のお店を始めることになりました。

かねてよりちびちびと修行を重ねておりましたパンも少しは形になってきましたので、自家製パンに合うシンプルなおつまみとイタリアワインをメインにしたバーをやってみようと只今準備をしており、年内中にはショップカードなど、ご案内も出来るよう進めているところです。

温泉街の中で隠れ家的なワインバーとかちょっといいでしょ?ぜひ、湯河原にご宿泊の際にはお立ち寄りくださいませ。

昼と夜、どちらも楽しいお店となるようこれからも精進してまいりますので、来年も引き続きの御愛顧をお願い申し上げますm(_ _)m


やっぱ引退といったらコレよね!

さよなら〜のかわりに〜♪♪( ´θ`)

みんな大好き!ステッカー新入荷しました

みなさま並々ならぬステッカー愛、ありますよね?

私も幼少のみぎりから冷蔵庫や炊飯器、または家の柱などステッカーチューンするのが大好きで、毎年カレンダー購入の季節となると表紙一面シールで埋め尽くされたドラえもんカレンダーを買ってもらうのが楽しみでした。

一時期はバイクのヘルメットも地が見えないほど、もしくはステッカーでクッション率があがっているのではないかと思われるほどのステ中だったこともあります。

そんなステッカー愛からダムカフェでもステッカーをいろいろと置いてみることにしたのですが、これがまー、みなさま私に負けずとも劣らずのステッカー愛で一番の鉄板人気商品となっております。

そんな折、一人の外国人ライダーさまが飛び込み営業にやって来られました。

2016-10-24-10-32-29-hdr

KTM乗りのウィンターさん。

ご自身でデザインした作ったステッカーを持ってきてくださいました。どれもこれも思わず一枚、また一枚と手に取ってしまいそうなデザインのステッカーでヘルメットやバイクに貼りたくなっちゃいます。

2016-10-27-15-12-17

今回はスカルモチーフが多いのですが、動物をテーマにしたデザインなども豊富にありますので、今後どんどん種類が増えるかもしれませんね!これらのステッカーはすべて防水加工してありますのでメットやバイクに貼ってもOKです。

2016-10-27-15-11-13

まわる~ま~わる~よ什器~がまわる~♪

見やすい回転什器にディスプレイしてありますのでクルクル回してみてくださいね!お気に入りの一枚に出会うかもしれませんよ~。

お値段は今回の入荷分は¥380と¥430の2種類となりますのでパッケージ裏面のお値段シールにてご確認くださいませ。

 

いや~、ダムカフェもついに外国の方からの飛び込み営業が来るようになったのですねぇ~

いいぞ!飛び込み歓迎!(お断りする場合もありますw)

 

そうそう、追記ですが近々大観山クラブのステッカーも再販する予定です。前回買い逃しちゃったみなさま、もうしばらくお待ちくださいませ。

東本昌平先生サイン入りパネルを展示しました

今頃かい!とツッコミを入れられてもおかしくないほどの時を経まして、大観山スカイラウンジで開催されました東本昌平先生の作品展でのクラウドファンディングでいただいたパネルを飾らせていただきました。

だいたいこの作品展があったのって、まだ私が黒髪だったころですからね、ホント失礼な話ですよ。と、思いましてせめてキッチリと額装してダムカフェに飾ろうではないか!となった次第であります。

なかなかちゃんとした額装をお願いすると結構なお値段もするのね、とひるみつつ、いや、金じゃねぇ、このサイン入りのパネルはプライスレスだろ!と自分のお財布に言い聞かせてプロの額装屋さんにお願いしました。

そして出来上がった作品がコチラ!

2016-09-15-10-21-10

蛍光灯が反射しちゃって見にくいのですが・・・・V-maxに乗ったサンタさんっぽいおじさんのイラストです♪なんかダムカフェのゆるさによく合ってていいですよねぇ~。写真だとわかりづらいのですが、右下のほうに東本先生の直筆サインも入っております。

ダムカフェにご来店の際にはぜひ見ていってくださいね♪