箱根ターンパイク通行止めのお知らせ

夏らしい夏も来ぬまま、大観山はすっかり10月くらいの気候となってしまいました。残暑のかけらも見当たらない今週日曜日、自転車競技のためターンパイクが通行止めとなります。

これねー、毎年モメるのよ。ここ2年ほど、この自転車競技のせいで売り上げガタ落ちなんだもの。なので今年はゴネにゴネた結果、今まで駐車場も一般のお客様は入れなかったところを許可させました!

入れる台数は限られるかもしれませんが、駐車場に止めてダムカフェをご利用いただくこともできます~。

大観山側のゲートからしか入れませんのでそこだけご注意くださいませ。

今週末は晴予報!富士ちゃんに会えるかな・・・

広告

ターンパイクさんの名称が変わります

今日から8月!なのにこのグズグズお天気、なんなんでしょうね・・・気持ちよくカラっと晴れてブーンと走りたいものです。スピード違反しない程度に・・・。

そして本日8月1日より、大家さんであるターンパイクさんの名称が変更になります。

道路名

旧:mazdaターンパイク箱根 → 新:箱根ターンパイク

ラウンジ名

旧:mazdaスカイラウンジ → 新:大観山スカイラウンジ

スッキリしましたねw 個人的にはやっぱり大観山の名前が入ることはうれしいことです。

それにしても・・・・名前が変更になるということはですよ、印刷物やら登録やらいろいろ差し替えていかなくてはいけないワケですよ。経費も労力もかかるワケですよ。ねぇ?

 

高速道路とターンパイクのお得なセット券が販売中~!

夏休みも始まりましていよいよ本格的な観光シーズンもスタートしました♪

あまり知られていないようですが、観光シーズンに合わせてターンパイクでもお得なミールクーポン付き通行券が販売中なのです

東京・神奈川からの発着でターンパイクを利用すると、ターンパイク料金所で500円分のミールクーポンがもらえる特典付き!そのミールクーポンは大観山スカイラウンジ内でご利用いただけます。

そう!我らがダムトラックスカフェでもご利用いただけますので、温泉卵ドライカレーが390円で食べられてしまう計算になるのです~。超お得!

詳しくはこちら、ターンパイクのホームページからチェックしてみてください☆

【速旅(はやたび)】【神奈川:通行券セットプラン】MAZDAターンパイク箱根ドライブプラン

ただし、交通ルールは守ってね(泣)

 

激走!LA女子ツーリング⑥

ヤバイヤバイ!かなり間があいてしまい、だいぶお待たせしてしまいました!もう遠い記憶となりそうなドキドキワクワクツーリング最終日の記録です♪

ついに・・・ついにこの日がやってきてしまった・・・。LAツーリング最終日は、ななななんと!(ジャパネットたかた風に)フリーウェイをひたすら走りラスベガスの途中、モハヴェ砂漠へ向かいます。

なんでまた砂漠かって?

アメリカの広大な土地の距離感が全くつかめていない私はLAに発つ前の旅行計画の段階で「ロスから~ラスベガスまでブーンと走って~ベガスでショー見て~日帰りで帰ってくる~。で、途中バグダッドカフェに立ち寄る~。」なんて考えておりました。甘い!甘いよ過去の私!LAからラスベガスまでノンストップで行っても6時間くらいかかるのに途中給油や休憩入れたら日が暮れちゃうよ!どんだけデカイんだアメリカ!

と、いうわけでベガス行きは断念し、ベガスの半分くらいの距離にあるモハヴェ砂漠へ行くことにしました。若い頃、ミニシアターに足繁く通った私には映画「バグダッドカフェ」のロケ地を見られるなんて考えた事もなかったので思いつきツーリングとはいえ期待でドキがむねむねです!

でも・・・でも出発してしまったらこの楽しかったツーリングが全て終わってしまう(泣)遠足の前の日が一番楽しいように、当日が来てしまうと楽しみが終わってしまう切なさと寂しさでいっぱいになるのです。でも行くよ!たくさん乗りたいからね、さっさとしゅっぱーつ!

まずは恒例のガソリン補給をしてからフリーウェイに乗ります。前日の給油時にガソリンをドボドボこぼした失敗を繰り返さぬよう今回は慎重にガソリンを入れてました・・・が、中途半端に握ったままタンクから少しだけ抜いた瞬間!

「シュパーーーーーーーー!!!!!!!」

思い切りガソリンが吹き上がり、こともあろうかガソリンの顔面シャワーを浴びたのです!ひえ~!目も開けられない状態から急いでトイレに駆け込みソッコーで顔をバシャバシャ洗います。幸いな事に口の中には入らなかったのですが目にはモロにガソリンが入り洗っても洗っても目の充血と腫れが収まりませんでした。しかしこんな事で最後のツーリングを取りやめにすることはできない・・・。必死で洗顔をし、持っていた目薬を気休めではあってもたっぷり点眼し(持っていたのは疲れ目用w)「大丈夫?火を吹くつもり?ゴジラ?」とみんなの心配をよそに「大丈夫!大丈夫!しゅっぱーつ!」と走り出したのでした。

2017-02-05 12.19.40-1

LAから東の方へフリーウェイに乗って60~70マイル(96km~112km)ほど走ると、先頭を走るkieさんがフリーウェイを降りたので「あ、最初の給油ポイントかな」と少し緊張も緩みました。ここまでの間、多少慣れたはずのフリーウェイもやはり集中力との闘いで少し気を緩めるとスピードが落ちて離されてしまうので、時折ガソリンフレーバーのマスクを吸い込んで気付けをし集中力を保ちました(よい子はマネしちゃダメ!)

休憩ポイントに到着してkieさん開口一番「ごめーん!道間違えちゃった~!」ええ~!?フリーウェイの乗り換えのときにsouthとnothを間違えたとか・・・・。それはきっとバイクで走りながら仮面ライダーの歌熱唱してるからだよ(笑)kieさん、仮面ライダーになりたいんだって、今でも(笑)小学生男子か!などとツッコミつつ軽くサンドイッチとコーヒーをつまんで給油を済ませてから再度出発!今回は給油トラブルなし!セーフ!

2017-02-05 11.42.10

今まで走ってきた道は割と街が見え隠れしていたのですがここから先は広大な山々を眺めながら進んで行きます。遠くには雪をまとった山並も見えて「ヤッホー!」と叫びたい気分。気温も結構低くなってきました。今回のツーリングで痛感したのは、やはり遠出するならチャップスは必要だなと痛感しました。フリーウェイを走っていると跳ね上げた小さーい小石が脛ににピシピシと当たってくる。これがなかなか痛い!デニム一枚じゃ長距離はちと寒かったし・・・帰りはオーバーパンツはいて帰ろうっと。そして次回はチャップス仕立てようっと(次回あるの!?)

山岳地帯を抜けていくと、今度はどこまでも一直線な道に変わっていきます。周りには民家もお店もないただ広いだけの荒野が広がり、かなり遠くには草木も生えぬような山々が地平線レベルで見えています。途中、日本での一駅間に届いちゃうんじゃないか、というくらいながーいながーい貨物列車を見かけてアメリカをジワ~と感じたりしました。バイク運転中につきお写真はありませんので妄想再現でお願いいたします。

2回目の給油&トイレを済ませてからはいよいよフリーウェイを降りて下道でバグダッドカフェを目指します。周りは埃っぽい砂土で雨もあまり降らないせいか乾燥に強い植物がチラホラ生えているだけでまさに荒野。どこからかガンベルトをまとった荒くれ者が出てきてもおかしくないほどの風景で車もバイクもほとんど走っていません。少し走ると道路に何かペイントがほどこされて・・・

こ・・・これは!ルート66のマーク!

よく耳にしていたアメリカンポップスのあの名曲「ルート66」を通るとは思ってもおらず一気にテンションはマックスへ!ルート66に入ってから1~2km走ると見えてきました、バグダッドカフェ!

撮影当時のこのカフェは違う名前のカフェだったそうですが、映画の聖地巡礼として有名になってからはお店の名前もバグダッドカフェに変えたそうです。とりあえず中に入ってみましょ。

店に入ると年配のオーナーご夫婦が「いらっしゃい」と迎えてくれました。「食べるものはないけどコーヒー飲む?」と聞かれて(ランチないんだ・・・)と思いつつコーヒーをいただくことに(笑)店内にはいままで訪れたお客さんの記帳や名刺、勝手に貼られていったステッカーなどが所狭しと飾られていました。

少しの間、何杯でも飲めちゃいそうなコーヒーをいただきながら(実際におかわりを注いでくれます)休憩。ダムトラックスカフェのステッカーと平常心ステッカーをたくさん持ってきていたのに前日のハーレーおじさんたちにみんな配ってしまって残っていたのは湯河原「よるのあじと」のショップカードのみ・・・オーマイガー。それでも記念にと貼らせてもらうことができました♪

2017-02-05 14.54.37.jpg

見つかったかな?

名刺はやはり日本の文化なのか日本人の名刺がよく目立ってたくさん貼られていました。他の国のお客さんはただのメモ書きとかね。うん、独特の名刺文化だわ。

一通り店内をぶらついていたらジュークボックスを発見!今は壊れてるのか機能はしていないようでが、よーくみると・・・

2017-02-05 15.10.49

Calling you   Jevetta Steele

おおお!まさに映画バグダッドカフェのテーマ曲ではありませんか!なんだよ~、聴きたいよ~。

あまり長居していると帰りも遅くなるし、お昼も食べられなかったしということでボチボチ帰りますかね。といいつつまた外で記念写真など。

2017-03-29 16.00.11.jpg

外で身支度を始めた頃、私たちが来た方角から一台のマイクロバスがやってきました。女三人でバイクでしかも外国人の私たちが珍しかったようでバシャバシャと写真を撮っている観光客。「どこから来たんですかー?」と聞いて見たら「フランスだよ」と。おお、こちらも外国の方でしたか、どーもどーも。とご挨拶をしていたら突然店内からバグダッドカフェのテーマ曲Calling youが流れ出したではありませんか!ちょっと!私たちがいたときはひとっつもかけてくれなかったのに!バスのお客さんにお土産を買わせる作戦かよ!急に商売っ気を出し始めた店主たち。たくましいよね(笑)

バグダッドカフェを出発して先ほど通ってきた道を通り、やはりここで記念写真を撮りたい!ということでルート66のペイントのところで一旦止まります。

2017-03-14 22.34.43

kieさん轢かれちゃうぞ~!なんて言っても車もバイクもほとんど通りません。日本の東海道よりも遙かに長いルート66。今は途中で分断されちゃっていたりもするけれど、LAからシカゴまでルート66を巡る旅も面白いかもしれませんね。いつか時間ができたら行ってみたいな・・・。

フリーウェイに乗る前に給油をして、食べ損ねたランチを埋めるべくレストランに寄ります。

なんじゃ、ここは!ディズニーランドのカントリーベアジャンボリーか!店内には鳥から鹿から熊から銃弾に倒れた動物たちの亡骸がたくさん飾られていました。剥製ってやつですね。ここで軽くタコスをつまんでお腹を満たしてからLAに帰ります。あ~、これで今回のツーリング旅行は終わっちゃうのか~。さみしいよう~。

2017-02-05 18.26.46.jpg

最後の給油。スポスタさん4日間お供してくれてありがとうね・・・日本で大型免許を取るようなことがあれば君を迎え入れると約束するよ・・・。

暗いフリーウェイを走り抜けて走り抜けて走り抜けてついに宿に到着。バイクを降りたとき安心感と楽しかった思い出とが一気によみがえってきて3人して涙が出ちゃいました。突然日本からやってきた私とトモミさんにずーっと付き合ってくれたkieさん,おつかれさまでした!

宿に帰ってからは長距離走って疲れてしまったので、近所にあるシェイクシャック(日本では東京にしかないからね!しかも行列してるから!)でハンバーガーをテイクアウトして宿で食べました。

トモミさんがめっちゃビールを飲みたいのに誤オーダー(トモミさんのw)で白ワインが来てしまってテンションが下がる、という事態も起こりましたが美味しくいただきました。ごちそうさまでした☆

明日はバイクを返却してお土産ショッピング。ついに最終日です。バーイ。

 

激走!LA女子ツーリング⑤

まだあんのかよ~!という声も聞こえてきそうなこのツーリングブログ、いよいよ後半はロングツーリングへチャレンジです♪まぁまぁ、旅の記録としてもう少しお付き合いくださいな。

ツーリング3日目はkieさんのツーリング仲間が「なに、わざわざ日本からバイクを乗りにレディたちがやってくるのか。それならサイコーのツーリングに連れていってやるぜ」と言ったかどうかは知りませんが、はるばる10時間もかけてやってきた私たちのためにツーリングコースを立ててくれたのでご一緒させていただくことになりました。

朝9時に宿を出てフリーウェイを30分ほど走り集合場所のガソリンスタンドに到着です。この最初のフリーウェイが私には試練でした!女子3台で走る中、私は一番後ろだったのですがスピードを乗せるのが怖くてうかうかしていたらkieさんとトモミさんは遙か彼方、間に何台も車が入り見失いそうになってしまいました。必死で追いかけるもビュンビュン走る周りの車に圧倒されてしまい見失いそうになりながら「とりあえずまっすぐ走ればなんとかなるだろう」と迷子になりそうな不安やガタガタした道路と闘いながらなんとか追いつきました。

集合場所のガソリンスタンドに到着するといるわいるわ、本場のミスターハーレーダビッドソンたちが私たちを待っていました。

2017-02-08-19-25-23

もう完全にイメージの中ではデニスホッパーやピーターフォンダ、はたまたスタンハンセンみたいなおじさまたちが待ち構えているのではと戦々恐々としておりましたが・・・近からず遠からず(笑)ドでかいハーレーのみならず、インディアンやヴィクトリー乗りのメンバーさんもいらっしゃって私たちのバイクがまるで自転車みたいに見えました(画面一番左端の子供の自転車みたいなのが私たちのスポスタとストリート)

とりあえず給油をした後にメンバーさん一人一人と「ナイストゥーミーチュー」のご挨拶。自己紹介のとき、つい癖でI’m marucoと言ってしまいましたが本名のRyokoって外国の方にはどうしても「りおこ」とか「ヨーコ」と聞こえてしまうのでそのまま「まるこ」で通すことにしました。メンバーさんたちも「まるこ・・・まるこね」とすこーし不思議そうにしていましたが理解した模様。

雑談やトイレ休憩を取っている中でリーダーのマイクに「何年くらい乗ってるんだい?」と聞かれたので「ライセンス取ってから20年以上経ってるよ」と伝えたらさらに不思議顔をしていたので「私43歳だし。」と告げると「No~way~!(ありえね~!)」と笑われてしまいました。何歳に見えたんだろ、私。やっぱり日本人て子供っぽく見えるのかなー。

そんなやりとりを終えていよいよ出発です!この日はフリーウェイとハイウェイ(信号がほとんどない一般道)を走り、途中から山道を走ってパダロビーチへと向かいます。普段ツーリングなんて行かない上にマスツーリングとあって迷惑かけたらどうしよう!と心配もありましたが、みなさんのジェントルな走りのおかげでついて行くことができました。タンクが小さい私たちのために途中オーハイで給油休憩。このとき急に太陽がピカー!っと出てきて気持ちよかった!

2017-02-08-19-25-20

かーっこいい!

ここから更に1時間ほど走って目的地のパダロビーチに到着、カフェでランチ休憩です!

2017-02-04-12-54-55-hdr

おじさんたちバイクなのにビール飲んでる~!

私とトモミさんはここでみなさんに日本からのお土産としてうまい棒やフェイスパックシート(私はてっきりアメリカ女子のたくさんいるチームだと思い込んでいたのでw)小田原城グッズなどを配りつかみはOK!喜んでいただけました♪

2017-02-04-12-53-09

リーダー、マイクのおひげ~!(の後ろで奥さんのコニーが柿の種食べてるw)

ここのカフェは海が見えるガーデンカフェで、小さい子供たちが遊べるような砂場や敷地があって家族連れに人気!子供のお誕生日会をやってる家族もいました。すごく気持ちがよくてステキなカフェでした~♪

ランチを取って、しばらくのんびりできたのでさぁ帰りも走るよ!ということで、帰りはすぐにフリーウェイに乗ってビューンとひとっ走り。途中離脱して帰るメンバーさんもいましたが最終給油地サンタポーラに到着です。

ここで、昨日の給油満タン事件を思い出したので今日はどれくらい入るんだろう・・・と5ドルをチャージして給油中のメーターを見つめていました。「お?入るな。結構入るな・・・もうすぐ5ドルいくけど・・・」と思いハっとタンクに目を戻したらガソリンが超ダバダバ溢れているではありませんか!ちょっと~!日本みたいなオートストップ機能とかついてないの~⁉つーかやべぇ、なんかの拍子に火が付いたらやべぇ!と思いソッコー逃げる。何食わぬ顔で逃げてみんなの元へ戻る。危なかった・・・。

この日の走行距離は180マイル(約288km)。事故もケガも故障もなく無事にロングツーリングを終えることができました。お付き合いくださったチームのみなさま方、ありがとうございました!日本にいてもほとんどツーリングなんてしたことないのにこんな長い距離を走れるなんて思ってもみなかった!楽しかった~♪

2017-02-04-22-27-11

最後に記念写真を撮って解散!みんないい笑顔!(私一人マスクとヘルメットかぶったままだけど・・・)

解散後はまた女子3台でフリーウェイを走り宿へと帰ります。潮風でバサバサになったのでトモミさんは早々にシャワーを済ませ、走り足りない私とkieさんは夜景を見にでかけました。が、結局この日は近くで催しものがあったらしくkieさんオススメの夜景スポットまでたどり着けずそのまま帰ってきたのでありました。

いやー、楽しさと初めてのロングツーリングでコーフン冷めやらない私たち。寝る頃にも「ちょっとコーフンしちゃって寝られないかも~!」なんて言ってましたが案の定5分後くらいには寝ていたそうな。明日はついにツーリング最終日・・・さみしくなっちゃうな~!

そうそう!この日の夜にはツーリングメンバーのショーンがこの日の動画を編集してYouTubeにアップしてくれていたのでみんなで観ることに。丁寧に音楽や参加メンバーの名前のキャプションを入れてくれて。

ん?私の名前「margoマルゴー」になってる!wwwwwww

どうやら最初の自己紹介をしたときから私の名前はマルゴーとして認識していたらしいです。kieさんが言うにはmargoは男の子の名前、しかもスパニッシュ系に多い男の子の名前らしいので女子の私がmargo?と思われたみたいです。だから不思議顔だったんだね!納得!

というワケでこの時点から私は二人からマルゴーと呼ばれることになりました。マルゴー元店長(笑)よろしくね。

 

激走!LA女子ツーリング④

前日のほどよい疲れを残しつつツーリング2日目は夜半からの雨が尾を引いて午前中はのんびりムードとなりました。

この日の天気予報だと11時くらいまでは降ったり止んだりで午後からは完全に落ち着くとの予報。それならのんびりとフレンチスタイルのベーカリーカフェで朝食をとることに。

2017-02-03-08-38-28

ショッピングモール内のほとんどのショップはまだクローズでしたがベーカリーカフェはモーニングをやっているので雨でも朝からお客さんがボチボチといます。クロワッサンやスコーン、マフィンなど焼きたてのパンに加えてオムレツなども美味しそう♪毎回食事の度に量を気にしてしまう私たち、貧乏なのかと思われていないか不安でしたが残すよりかはいいよね!とオムレツをシェアして私はスコーンとコーヒーを、トモミさんはオムレツにセットされてるシリアルブレッドとカフェオレを注文。

2017-02-03-08-42-13

うん、スコーンの付け添えはジャムで、って言ったのにクロテッドクリームできたね。シュアっていったよね?人の話聞いてた?あー、カフェオレボウルなんてアフタヌーンティーで働いていた頃以来だなぁ~なんて思っていたら、私のコーヒーもボウルできた。すぐ冷めちゃう。うん、でもスコーンもオムレツも美味しかった!満足満足!ふと外を見ると、来る時は落ち着いていた雨が土砂降りに変身。オーノー!ヨーコ!(心の声で)こりゃ、しばらくは止まないなと踏んで宿でのんびりすることにしました。

昼近くになり雨もあがってそろそろバイクに乗れるかな、というところでkieさんがお迎えに。なんかすでに濡れているけど・・・。念のため今日は合羽着用で出かけることにしました。

2017-02-08-19-20-20

まずは昨日の不具合を見てもらうためにハーレーのディーラーへ。ランチ中のリチャードをしばし待ってスポスタのロービームが点かないこととストリートのクラッチペダルが緩んでいることを伝えて見てもらうことに。

ストリート→「うん、今はしまっているから大丈夫!」

スポスタ→「うん、球切れだね。新しいのに変えるから few minutes待ってて」

・・・・・こちらのfew minutesはどうやら30分ほど待たされるらしい。学校教育でもさ、純粋に直訳だけ教えるんじゃなくてさ、アメリカの感覚ではfew minutesは2~30分はみておくこと!とか教えたほうがいいよ、絶対。電球交換も終了し、ガソリンも空っぽなので給油をしてから出かけることに。

はい!注目!昨日の給油タイミングではクレジットが使えなかったのでやむなくkieさんにお借りしましたので本日が初セルフ給油となります\(^o^)/給油機の前でバイクを停めて、カードを入れて、入れて、入れ…????kieさーん、カード入れたら5ケタの数字入れろっつーんだけどこれはどうしたら…?

そうです、やはりクレジットでもzipコードというアメリカ国内での郵便番号的なものを入力しないといけないらしく、私たち外国人は給油機での決済が出来ないのでありました。ですので、スタンドのコンビニで「日本のクレジットで払いたいんだけど~」と告げて、いくら分なのかと給油機の番号を伝えればチャージしてくれます。昨日空っぽの状態で4ドルちょっとガソリンが入ったので「5ドルくださーい」とお願いして給油開始!開始!かい!・・・あれ?なんか・・・ガソリン入らないんだけど・・・メーターを見ると5ドルチャージしたのに5セントほどしか給油できてない・・・。え~、これまた不具合パターンかな、ほとんどガソリン入ってないはずなのにな。ちょっと走ってガス欠になったらどうしよう!

という不安を抱えつつ、この日は初フリーウェイに乗ってLAのダウンタウンのほうへ向かいました。初めてのフリーウェイ、日本だと左から右へ入っていくけれどアメリカは反対に右から左へ入っていくのでちょっと緊張!スピードも乗せていかないと追突されるよ、って言われたし~(汗)なんとか大縄飛びの要領でフリーウェイに合流し(結局渋滞していたのでそれほどスピードも出せず)短い距離を走ってダウンタウンへ到着。

2017-02-03-14-14-24

オフィスやコンサートホールなどが建ち並ぶ地域には移動販売のトラックもたくさん停まっていました。パーキングメーターが空いていたので車一台分のスペースにバイクを3台停めて(これ違法?誰か知ってる?)2時間分の料金をチャージ。パーキングメーターでもクレジット決済が可能です。

2017-02-08-19-20-38

一台分がデカいんだよねw

バイクを停めて向かった先はロサンゼルス現代美術館The Museum of Contemporary Art

アンディウォーホルやリキテンシュタインなどの所蔵があるというので来てみました。

ランチも取らずに来てしまったので腹ぺこの私たちはなかなか集中して展示も見られず(笑)一通り見学してカフェで軽く食べることにしました。

おしゃべりしながらサンドイッチやスープなどでお腹を満たしているとkieさんが急に「あぁぁぁ!」と何かを思い出した様子。

「そういえば、まるこちゃんのバイクの電球変えたときにリチャードがガソリン入れておいたよって言ってた!」

おーーーーーーい!(爆)だからか~!5セント分しか入らない理由はそこか~!初めて来た国でわからないことだらけの私になんの試練なんだと笑いつつ、不具合ではないことがわかってホっと一安心。オチがついて少し空気も冷えてきたところにちょうどパーキングメーターも2時間が近づいてきたので帰ることにしました。帰りはフリーウェイが帰宅ラッシュで混んでいる様子だったので下道を通り、ドジャーススタジアムを通りかかって宿へ到着~。

この日のお夕飯は、ステーキ、バーガー系に飽きてきたのでフィリピン料理のレストランでチキンやピーナッツシチュー、ビーフンなどを注文。二人で一つのチキンをシェアしようとしてうっかりミスをし、チキンが一人一つ来てしまった・・・

Processed with MOLDIV

こんなに食えるかー!と青ざめておりましたが、どこのテーブルも余ったものをお持ち帰りパックに詰めて帰っていたので私たちも持ち帰ることにしました。明日の朝ご飯分まであるよ~。ご飯自体は美味しかったです♪やっぱアジアの料理好きなんだな~。

明日はいよいよkieさんのツーリングチームのみなさんとロングツーリングだからね、しっかり食べて明日に備えるよ~!

グンナイ!

 

激走!LA女子ツーリング③

グレンデールのハーレーダビッドソンでバイクを借りた私たち、いよいよ街中へ飛び出します。滞在二日目後編です~

レンタル手続きオッケー、乗り出しの練習もオッケー、身支度もオッケーという頃には時間もすっかり11時近くとなってしまいました。kieさんのインディアンをまず給油させてそこからどこへ行きましょうか・・・。

東京は原宿にあるモーターサイクルとサーフィンをテーマにしたカフェ、「Deus ex Machina(デウス エクス マキナ)」のLA店があるというのでそこに向かいランチにしようということになりました。グレンデールから走ること約1時間、慣れない右側通行ながらもkieさんが先導してくれて少しずつ交通ルールもわかりかけてきました。海外での運転経験がある方でしたらご存じかもしれませんが、右側通行の右折の場合信号が赤でも車が左から来ていなければ行ってヨシ、なのです。東名高速用賀インターで信号と関係なく左折してヨシと勝手に思い込んで白バイに切符を切られた私からしてみれば日本もこれくらい寛容でもいいじゃん!て思える交通ルールですね、さすがアメリカ。

ベニースにあるDeus ex Machina(デウス エクス マキナ)

2017-02-02-12-03-45-1

アパレルコーナーとカフェがあり、原宿のせま~いショップに比べたら広々としています。LAは日本のような雨がそんなに降らないのでテラス席も広々としています。そしてどこのお店でもそうですがほとんどがFree wi-fiなのでみんなパソコンを持ち込んでコーヒー飲みながらお仕事していたりします。この辺もまだ日本は遅れているなーと感じているところ。早くほとんどのお店でFree wi-fiが使えるようになってほしいですね!

そしてなによりDeusのLA店、スタッフがみんなイケメン!なんだかイケメンチェックばかりしてるみたいに思われるかもしれませんがホントにみんなイケメンなの!

2017-02-02-12-03-02

まるで水着審査とかあるんじゃないかと思わんばかりのイケメン揃いで自然と私たちも長居してしまうのでした(笑)ここのカフェで軽くランチをとることにして、私とkieさんはパニーニとアイスコーヒーを。この日はまぁまぁ暖かくてアイスコーヒーでちょうどいいくらい。トモミさんはスープとパンとコーヒーを注文しました。パニーニができあがり食べ始めたのですが、トモミさんのスープがなかなか来ない・・・そんなに難しいメニューでもないんだけどな・・・。野菜切ってブロードとるところからやってるのかな、そんなに大げさなキッチンでもないんだけどな・・・おしゃべりに夢中になってるうちに20分くらいたってしまいいい加減遅すぎだろ!とスタッフに言いに行ったところ完全に忘れていた様子。「あぁ、そういえばオーダー受けたっけな・・」くらいの感じで悪びれもせず妙なパスタの入ったスープを用意したのでありました。日本の飲食店だったら平謝りでなにかサービス付けたりするのになー、とか思いながらもここはアメリカ。ミスの際の反省などは必要ないようです。

しばらくここで休憩しながらせっかくなのでVENICEのネームが入ったTシャツとトレーナーを購入。運良く50%offセール中だったのでみんなであれこれお買い物を。どこの国行ってもセールはテンション上がっちゃうよね!だって女子だもの!

長々と休憩しすぎて走る時間が短くなりそうなので、隣のタイレストランのおばちゃんに記念撮影を頼んで次のポイントへ向かいました。

2017-02-02-23-22-04

ベニースからサンタモニカを抜けて海岸沿いを走りマルホランドを通過してマリブビーチの先へ!走りながらヘルメットの中では「おお!ココがデヴィッドリンチのマルホランドか!」とか「おお!ココがハノイロックスの魅惑のマリブビーチか!」などどブツブツ言いながら走っていたわけです。誰にも聞こえてないけど。海岸線はなんとなく見たことあるような景色。由比ヶ浜あたりから江ノ島くらいにかけての風景によく似ています。ただし道路がメチャ広ですけれども。なんとなく懐かしいな~と感じながら走っていましたが、真ん中を走っていたトモミさんが信号で出遅れました。あれ?と思いながら少し進んで次の信号まで行ってもトモミさんがついて来ていなかったのでkieさんに少し待ってもらうように合図して道路脇で停車して待っていました。日本のように短い距離で信号があるわけではないので停めるチャンスも先になってしまうわけです。

しばらくしてトモミさんが到着、どうやらバイクの様子がおかしいようです。どーしたどーしたと聞いてみたら、シフトペダルのボルトが外れたらしくシフトチェンジができなくなったと・・・ひぃ~!もしかしたらナットが飛んで緩んだのかも、どこかのパーツが壊れて飛んで行っちゃったのかも・・・と不安になりましたが工具も持ち合わせていないのでとりあえず目的地まであと少しなので手で締めてなんとか到着できるように気をつけて行こうとなりました。

2017-02-02-16-48-24

neptune’s NET

ここはバイクとサーフィンのメッカで休日のイベントにもなるとバイクが300台も400台も集まるシーフードカフェです。平日だったのでバイクは少なかったですが、サーフィンしに来てる車は縦列駐車ギッシリでした!

駐車場にアメリカンバイク乗りのおじさんがいたので工具を借りられるか聞いて見たところ「僕のバイクはYAMAHAなんだよね~」ガクっ。そう、ハーレーはインチ、日本製はミリなんでした・・・。でもおじさん、モンキーレンチを持っていたのでトモミさんの緩んだシフトペダルをキュっと締めてくれました。つーか、どーなのよリチャード!整備点検とかしてないの!?ひとまず安心したところでコーヒーでも飲もうかと中へ入りました。

日が陰ると一気に寒くなって指先も冷えてきたのでここではホットコーヒーを。レギュラーサイズを注文しましたが日本でのラージサイズくらいある。土地がデカけりゃコーヒーのサイズもデカいなー。

2017-02-02-15-49-54-hdr

しばし休憩して帰る前にトイレに行ってこようと思ったら・・・先に入ったトモミさん情報によるとなかなかのヤバさだぞ・・・と。戦々恐々とトイレに向かったら4つあるすべてが簡易トイレ!しかも超絶汚い!スタッフのトイレチェック表なんてご丁寧に貼ってあるけど、どこをチェックしたわけ!?目視で確認だけか!?ここはフジロックか!?(フジロックのほうがまだキレイ)しかも和スタイルがあるわけもなくこのヤバさで洋スタイル・・・大腿筋、腹筋、括約筋を駆使して空中イスを決めながらなんとか用を済ませました。日本のトイレはやっぱり世界一だな・・・と思い知らされました。

日暮れになる前に戻りましょう、ということで帰りは給油をしてからノンストップでキャニオンを下って帰ることにしました。はい、私とトモミさんにとっては初めての給油です!アメリカのスタンドはどこもセルフスタンドで、デビットカードかクレジットカードで決済をします。あいにく停まったスタンドはデビットカードしか使えず、私たちはアメリカ国内の銀行口座を持っていなかったのでkieさんに立て替えてもらうことに。あとはレギュラーを選んで日本と同じやりかたです。私の借りたスポスタ48はタンクが小さいので70マイル(112km)ほど走ると給油ランプが点いてしまいます。うーん・・・こんなんで遠距離ツーリング行けるのかな・・・。日本の距離感と明らかに違うことに改めて気づかされた初日でした。

ハイウェイ(ハイウェイ→日本での信号がほとんどない一般道、フリーウェイ→お金のかからない高速道路)から山道へ入りキャニオンを下って周りが薄暗くなって来た頃、「なんか暗いな・・・」と感じ始めました。シールドがライトスモークだからかな、アンバーに変えてくればよかったかな。などと思いながら必死でついて行き、完全に日没になり真っ暗になった頃kieさんが停まりました。「まるこちゃんのバイクライト点いてないよねー」え!?暗いな、おかしいなとは思ってたけどやっぱり点いてないの!?借りたとき点検しなかったっけ!?ヘイ!リチャード~!!!!!ハイビームに切り替えたところ、どうやらハイビームは点く様子。完全にロービームだけ球切れしていました。それでも暗いよりかはマシ、とハイビームを点けて帰ることに。帰宅ラッシュに紛れながら2時間40分かけて宿に到着。無事に帰ってくることができました(笑)

kieさんを見送ったあと、私とトモミさんは宿の隣の前日にお茶をしたレストランで夕飯を取ることにしました。

2017-02-02-23-19-42

アメリカで作ってるベルギー(風)ビール「BLUE MOON」本場ベルギーよりも飲みやすくてオレンジのフレーバーで美味しい☆

2017-02-02-20-06-40

やっぱりアメリカ来たら肉食べたいよね!ということで、本日のディナーはステーキとサラダ(パンはお通し的に付いてきます)量が多いからこれを二人でシェア。ツーリング一日目の成功でテンションがあがり、一本また一本とビールが進み調子に乗ってチリポテトまで注文したはいいが・・・やはり食べ切れず。満腹になった私たちは宿へ戻って本日終了☆

翌日は深夜から雨予報なのでゆっくり休んで疲れを取ることにしました。明日はどこに行こうかな(ノープラン)おやすみなさーい!